2017年2月28日 (火)

春間近‐斎宮ぶらぶら記②

(明和町の地名「斎宮」は「さいぐう」ではなく「さいくう」と読みます)

塚山古墳から東へ進み、歴史の道を南下すると上園芝生広場に到着します。
平日の昼下がり。すれ違う人もほとんどおらずのどかな空気が漂っています。
6
ぶらぶらと東に向かって歩くと、史跡公園「さいくう平安の杜」が見えてきます。

正殿(せいでん)。
2

西脇殿
5_2

東脇殿
3

この3棟は遺跡の真上に復元されています。

残念ながら、正殿には入れませんが、西脇殿は建物内を見学できる
ようになっています。中でイベント等ができるようになっているので、
多少現代的な物が多くありますが、中ではボランティアの方が色々と
説明してくれて勉強になりました(西脇殿は内部公開をするため、
耐震強度の観点から柱には現代の知恵と技術が使われているそうです)。

斎宮の建物は瓦ではなく檜皮葺、または茅葺だったそうです。
というのも。瓦は仏教的象徴なので、日本独自の宗教の象徴たる
伊勢神宮に連なる斎宮としては、瓦や仏教的な物・単語はご法度、というわけです。
また、柱は腐るのを防ぐために通常礎石という物の上に立てられますが、
斎宮の建物には礎石が無いことが発掘からわかっています。

このさいくう平安の杜の南に斎宮の重要区画「内院」があったそうですが、
現在ここには線路が走っていて発掘は困難、残念・・・。

斎王制度が終ったのが1336年(鎌倉時代終焉 1333年)。
当時すでに荒廃が進んでいたようです。そこから1970年(昭和45年)の宅地開発で
斎宮が発掘されるまで、長く斎宮は土の中に。
1970年の大きな発見以前にも、明治時代以降、ぽつぽつと斎宮について
調べる方、斎宮を保存しようというグループができたようです。
1930年(昭和5年)に近鉄山田線が開通し、斎宮駅もその時設置された
ことからも、その当時、地域には確かな存在の証が多くはなくても、地域の人達は
斎宮を身近に感じていたのかと推測します。
斎王の存在を含め斎宮に関するストーリーは、2016年4月に日本遺産に指定
されました。

現在発掘によって明らかになっている斎宮の方形区画の全体像は、
上園芝広場にある「10分の1史跡全体模型」でみることができます。
4

7
この全体模型(写真の右側、盛り土になっている所)の直ぐ後ろには
いつきのみや歴史体験館が!これまた雅な建物です。

手前の黒い土の所では、古代米である黒米・赤米の栽培が行われます。
平城京跡同様、遺跡保護の為その上には物を建てることは極力したくない
所(再発掘もしにくくなるし)。しかし広い土地を何もせずに放置するのも
美観を損ねてしまうので、こういう取組はいいですね。体験学習の一部にも
なっているそうです。

写真はありませんが、色々巡ってとても満足しました。
が、ここからが本番!
(*´Д`*)

2017年2月26日 (日)

春間近-斎宮うろつき記①

2017年ももうふた月が過ぎようとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
早くも色々ブログに書こう!と思うようなことがたくさんあるのですが、
書けていないのでひとまず新しい事から書いて行こうと思います。

2月下旬、いつかは行こう行こうと思いながら、行けていなかった「斎宮」
(三重県明和町)に行ってきました。この日は少し暖かく、うろうろするには
もってこいの日でした。まずは近鉄斎宮駅の北西にある「斎宮歴史博物館」へ。
1
道すがら所どころに見事な菜の花畑が。斎宮跡の公有地で、春は菜の花、
秋はコスモスといった草花や古代米の栽培を行っているそうです。
また、博物館近くでは紅白の梅が見ごろでした。
8

11
博物館では、斎宮(場所)や斎王(人)に関する発掘品や再現品の展示と
映像展示があります。映像は1038年の良子(ながこ)内親王の群行(斎王の旅のこと)
をテーマにしたものと、発掘資料や文献を基に斎宮とはどういう所だったのかを説明した
物の2つがあります。どちらもなかなかに見ごたえがありました。上映時間が決まっているので、お時間に余裕がある場合はぜひともごらんください。

映像展示室には土器やいくつかの復元した物の展示が。
4
檜扇と几帳

9_2  

3_2
小袿
大きさでの比較は難しいですがこちらには中陪(なかべ、黄色の部分)が
あります。

メインの展示室。
5
武官束帯のお兄さん。夏の束帯ですね、足元は靴のほうがいいような気が。浅沓では
いざというときに走れないんじゃないかな?

6
汗衫(かざみ)の女童(もうちょっと可愛いお顔でもイイんじゃないかな…。そしてこの
汗衫(?)、かなりざっくりした作りなのにちょっとびっくり。

7
斎王と女房。

2
別れのお櫛 案外小さい(幅6センチ程度だったとか)です。
斎王は都で天皇からこの櫛を送られた後、斎宮へ向け出発します。
最初の頓宮(とんぐう、斎王が群行で泊まる仮の宮)で櫛を外し、
その後は斎王個人の物になったとか。)

このほか出土品やそのレプリカも多く展示されていました。
斎宮は広大で、発掘は現在も続いています。
発掘作業現場を見学できるようだったので、この後ぶらぶらし現場を探したものの、
方向音痴なもので見つけられず。残念(;д;)

斎宮というと平安時代のイメージが強いですが、博物館周辺には奈良時代、
またはさらに古い時代の物を見ることができます。
10
上 博物館の少し北にある塚山古墳群(5世紀末~6世紀前半)の3号墳(円墳)。
下 舞台の後ろに見える通りの下には奈良時代に作られた道の遺構が。

古代ロマン好きとしては、前方後円墳もいいですが円墳とか方墳もぐっときます。
いいですよね、古墳( ^ω^ )

斎宮うろつき記、続きます。

2017年1月 7日 (土)

2017年、スタート

あけましておめでとうございます。
始まりましたね、2017年!
お手軽なインスタグラムのほうにちょっと逃避していますが(itsutsuginuで検索してみてください)、
年の変わり目を機に、またぼちぼち更新していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

20170102_3時代やさんにて。平安風に裳を着てから唐衣を。

2016年6月20日 (月)

2016 上賀茂周辺 -春 2-

2016年5月1日、上賀茂神社で行われた
「賀茂競馬足汰式(かもくらべうま あしぞろえしき)」に行ってきました。
2016haru6
5日にある競馬(くらべうま)では2頭の馬が競うのですが、
その組み合わせを決めるのがこの足汰式です。
神事ですので、さまざまなしきたりに則って式は進められていきます。
この競馬を行うのは賀茂族という、深く長く上賀茂神社を支える方たちです。
小学校高学年頃から神事に参加し、乗り手は4月ごろから毎週末練習に励む
そうです。そのため、一度始めると40歳ごろまでゴールデンウィークは
神事にかかりきりになるとか。式の間、日本語と英語で色々なことを
説明してくれます。
2016haru7
まずは一頭ずつ走り、後に2頭で走ります。
とても近くをものすごい速さで馬が過ぎていきます。
良い写真を撮りたい方は、連写ができるカメラを使うか、動画を
切り取るかしないと、本当にあっという間にシャッターチャンスは
終ります。一般有料観覧席は500円と千円の2種類があり、
撮影に本気の方は後者が良さそうでした。

元々、日本の馬はサラブレッドよりもずっと小さなものだったと
考えられています。足を載せるだけの鐙で、全速力で走る馬に
跨り続けるのは本当に大変だと思いますが、みなさん危なげなく
乗りこなしていきます。

5日の本番、競馬は装束を着て行われます。
装束姿は15日の葵祭でも見ることができます。
それがこちら。

2016haru8
今年の葵祭りは、上賀茂神社近くの賀茂街道でみました、
いやー、日曜日とあって、恐ろしい人出でした・・・。
おかげでよい写真が少ないのですが、次回ご紹介したいと思います。

2016年6月19日 (日)

2016 上賀茂周辺 -春 1-

2016年4月10日、今年も上賀茂神社で行われた曲水の宴に行きました。
少し曇り空でお天気が心配でしたが、無事に行われました。
2016haru1
宴の前に、奉仕者の方々はお祓いのために境内へ。

歌人が作った歌を声にだして読む披露するのは、こちらの披講者。
冷泉家時雨亭文庫の方々で、作法に従って歌を披露していきます。
披講者は他の奉仕者よりも先に入場して、色々と和歌についての
解説が始まります。色とりどりの小袿が美しい~。
2016haru2

昨年と一般観覧席の並びが変わったこともあり、なかなか写真が
撮りにくかったので、細かい様子は前年の記事もご覧ください。
2015年→http://shishiodoshi.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-698f.html
2016haru3
今年の歌題は「待花」。平安雅楽会の雅楽演奏の中、
ゆったり雅な時間が流れました。

2016haru4
斎王桜の下での記念撮影。おもわず溜息のでる瞬間でした。
この曲水の宴をもって、第60代斎王代さんのお勤めは終わりです。

春の京都では、すでに5月の行事の用意が進んでいました。
2016haru5

2016年6月 7日 (火)

4本目(計画)

久し振りに装束関係の本を購入。
Book1
「平安朝の文学と装束」(畠山大二郎、親典社)
Book2
装束生地見本がついています。
タイトルの通り、源氏物語をはじめとした文学作品の中での装束の
扱い、解釈、装束の形態比較などが書かれています。
絵巻物を作っていた時、裳をちゃんとつけていないと思われる女房が
いるのに気が付きました。この本ではまさに、源氏物語絵巻にある着装
についても写真入りで記述があり、なかなか面白い本です。
(以下、批判になります。苦手な方は次の写真あたりまでスクロールしてください)

しかーし、この本、カラーページが一切ありません。
装束の本なので、最初に2、3ページカラーがあるものと期待していたので
この点にはかなりがっかりさせられました。さらに。あとがきに書かれていることが
すべてなら、著書はあえてすべてのページをモノクロにしたとか・・・。ナゼダー。
内容は面白いものの、カラーが無く、モノクロ写真も若干暗めの物が多いため、
せっかくの装束のようすが細かく分らないのがとても残念です。
うーん、やっぱり本は現物を見て買うべきだったかな。


少し前に、こちらも購入。
Book3
2015年、名古屋にある徳川美術館でおこなれた「国宝 源氏物語絵巻」の図録です。
美術館のミュージアムショップからネットで購入しました。
実は同じような図録は持っていました。
Book4
こちらは1975年京都国立博物館で行われた特別展覧会「源氏物語の美術」の目録です。
近所の古本屋で100円で売られていたので、絵巻物作製の参考にと買いました。
結構役にたったのですが、いかんせん本自体が古いので、
思い切って新しい物を手に入れました。
スキャン技術、印刷技術向上で、新しい図録は細かい所まで見られて楽しいです。

もう少しすると、また夜に時間ができそうなので、4巻目の絵巻物を作ろうかと
計画中です。華やかな場面がいいなーと思って図録を見ていましたが、
悲しい感じの物が多い・・・(;д;)
今度は絵ばかりにして、詞書を極力減らしてみようかな。



2016年5月 1日 (日)

青もみじと元禄

パソコンの調子が悪いのと、年度の変わり目でなんだかんだと忙しく、
ついつい更新が滞っていたら、もうゴールデンウィーク!
あっという間に時間は過ぎますね。

連休は久しぶりに「時代や」さんへ行きました。
相変わらず嵐山は人がたくさん。
May
青もみじがきれいで、山の所々には藤らしきものが見えました。
下まで行けば藤の花が見えるかな、と思いましたが散った花弁だけしか
見つけられませんでした。残念。

今回は「元禄の太夫」。
掛けは元禄らしく、ということで、新作の松柄のものではなく
以前からあるこちらの黒にしました。
Tayu

中着は赤と迷いましたが、結局紫のぼかしの文字散らしの物にしました。
帯も以前からある物を。
Tayu2
後ろ勝山のかつらが素敵でした。
江戸時代の絵画で、女性が立膝のようにして座っているのを見るので
ちょっと挑戦してみしたが、いまいち思った通りにはなりませんでした。
もっと思い切りが必要なようです。

帰るころにはますます人が多くなっていて、渡月橋の上は人で、下はボートで
大混雑でしたが、お天気がよくてなによりな一日でした。

2016年3月22日 (火)

オンとオフ

春めいてきたのに寒い。何を着たらいいか一番迷う季節です。
三月初めに、気分転換に時代やさんへ行きました。直前までプランを迷いましたが、
先日までキャンペーンだった「女武者」も後の日に予約していたので、そちらと
合う「ねね」にしました。自分の脳内設定は、「女城主」です。
かなり気が早いですが、来年の大河ドラマにもなるように、戦国時代には女性の城主が
存在したそうなので、そういう感じで!
打ち掛けをどれにするか迷いましたが(いつも迷ってばかり・・・)、お店のブログで
みていいなと思っていた一枚に決めました。

Jyousyu001_3
城主サマ、「孫子」で兵法の勉強中です。
帯はもう少し下、胴長な感じに着るのが戦国時代っぽいかと思いましたが、
現代人の感覚としては、やはりこのくらいの帯の位置が良く見えますね。

Jyousyu002_3
ダメな部下は成敗しつつ、時には武装して隣国へレッツゴー。
陣羽織のすそが、太刀で少し上がっているところがお気に入りです。
兜下と鉢巻が選べました。陣羽織の下に胸当てを付けただけの武装なので、
兜下(頭の黒いの)よりは鉢巻の方がつり合いが取れたと思いますが、
兜下はかぶったことがなかったので、こちらを選びました。

Jyousyu003_3
軍扇の代わりに金地の蝙蝠扇をもってみました’この扇、
このくらい派手な衣装にしか合わないなぁ)。
現代の洋服にはない、腕や足まわりの立体感がいい感じです。

Jyousyu004_3
隣国叩きもひと段落したら、城に戻ってお茶を飲んだり、絵巻物でも読んで
リフレッシュ。
Jyousyu5_2
天下統一だなんて大きすぎる野望は持たないけど、
領地・領民のためにガンバるよー。

「真田丸」の録画がだいぶ貯まってしまったので、そろそろまとめて
みることにします。

2016年3月 4日 (金)

DA・TE!

風俗博物館のレポを書いたら、すっかりブログ更新の気合が抜けてしまいました。
気をとりなおして再開!

もう一か月近く前になりますが、時代やさんで、女伊達になってきました。
今回のキャンペーンは女伊達と女武者の二本立てですが、女武者はちょっと
どういう感じのポーズがいいか考えたかったので、まずは女伊達を。
女伊達、歌舞伎舞踊や日本舞踊での動画を探しましたが、ただで見られるものに
あまり好みのがなく、時間があれば歌舞伎舞踊のDVDを買って予習をしたかった・・・。
せめてもと、玉三郎さんの女伊達の画像をじっくりみてから行きました。

お店写真(モザイク、ちょっとへんですね。土偶みたいに見える・・・)
尺八を背中に挿しています。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、色目のはっきりした、華やかな着物でした。
Onnadate1
序盤の花道でのポーズのつもり(あくまで個人の感想です)。
もう1カット、撮ってもらって、あとは自由撮影で色々なシーン
のポーズを試してみました。
Onnadate2
今回の獲物は尺八!腰の物は抜けませんでしたが(野暮かな)、
白拍子同様、女性の恰好で武器を持つ、ってところにぐっときました。
それともう一点。
Onnadate4
こちらも写真ではわかりにくいですが、かつらの鬢の下の張り具合というか、
なんというんでしょう。ちょっと透けてて、きれいでした。
垂髪ももちろん好きですが、結髪の曲線や立体感も好きです。

この一週間ちょいは、超絶仕事が忙しくストレスがたまったので、
リフレッシュのために、週末に時代やさんに行って来ようと思います。
何のプランにするか、まだ決めきれていませんが、こういうのを迷うのは
楽しいですね!
良い週末を~。

2016年2月15日 (月)

new風俗博物館 展示⑤端午の節句「蛍」

風俗博物館、展示の最後は
  ④平安の年中行事 五月の節~端午の節句~「蛍」
です。

時は旧暦5月5日。端午の節句を迎えた六条院夏の御殿の西の対。
Hotaru1
女房達が几帳に薬玉(くすだま)を飾っています。薬玉は、邪気を払い、延命の効果が
あると信じられていました。
Hotaru2
薬玉は9月9日の重陽の節句まで飾られます。薬玉には、
万物の根源・宇宙を象徴する五色の糸がついています。この糸は引き抜いて
他のものに結んだりするのに使うようで、重陽の節句になるころには、薬玉は
無残な姿になっていたそうです。写真左の女房は菖蒲の根と花を合わせた物を
唐衣に飾っています。おしゃれです。
菖蒲に五色の紐を巻きつけた物も用意されています(写真右下)。こちらの青い
表着の女房と、その奥にいる女房は唐衣を着ていません。
裳だけを着用しています。
Hotaru3
唐衣ないのも、すっきりしていて素敵!こちらの女房が着ているのは
菖蒲のかさねでしょうか。

さて、いそがしくかつ楽しそうに端午の節句を迎える女房達の間に、
あやしくたたずむの源氏(32才)。
Hotaru4
その視線の先にいるのが、
細長を着た玉蔓。
Hotaru5
端午の節句の少し前、玉蔓は蛍兵部卿宮と蛍が照らす中対面したばかり。
養父源氏が何を考えているのかちょっとわからず、戸惑う日々です。
節句にはたくさんの薬玉が届けられていました。
着ている細長は撫子かさね、袿は卯の花かさね、五つ衣は撫子かさね(雲立涌文)です。
すこし奥にいるので、せっかくの装束が遠い・・・(もっといいカメラが欲しい~)。
Hotaru6
玉蔓に文を差し出すのは乳母の右近です。文(歌)は蛍兵部卿宮
からでしょうか。右近も唐衣は着ていません。暑いですし、右近は乳母なので
住まいで玉蔓の世話をするのに、唐衣まで着る必要はないのでしょう(想像)。

女童が続々と贈り物の薬玉や文を運んできます。
Hotaru7
手前の女の子はひとえの汗衫。後ろの子は袷(暑そう)。
Hotaru8
単の汗衫を着た子は、肩に五色の紐を巻いた菖蒲をつけています。
おしゃれさんです。

蛍兵部卿宮を始め、ほうぼうから玉蔓に届く文や贈り物をみる源氏さん
二藍の直衣、良く見ると下に着ている蘇芳色の衵を、直衣の裾からちらっと
出した出衣(いだしぎぬ)姿。
Hotaru9
この頃の源氏は、玉蔓のその後も含めなんでも自分の思うとおりに
なると思ってそう。15年後、51歳の自分がまさか紫の上主催の
法華経千部供養を見ているとは思いもしなかったでしょう。

これにて、リニューアル後の風俗博物展示の紹介は終了ですが、
次回はちょっと細かいネタ(裳とか小腰とか)についてちらっと
まとめられたらな、と思います。

前館長さんが、何かの講座のためにまとめたこちらの冊子を
購入しました。装束などの用語説明が絵巻物などの、イラストと
いっしょに載っていて面白いです。
Book

«new風俗博物館 展示④女房の日常と平安の遊び