« 青もみじと元禄 | トップページ | 2016 上賀茂周辺 -春 1- »

2016年6月 7日 (火)

4本目(計画)

久し振りに装束関係の本を購入。
Book1
「平安朝の文学と装束」(畠山大二郎、親典社)
Book2
装束生地見本がついています。
タイトルの通り、源氏物語をはじめとした文学作品の中での装束の
扱い、解釈、装束の形態比較などが書かれています。
絵巻物を作っていた時、裳をちゃんとつけていないと思われる女房が
いるのに気が付きました。この本ではまさに、源氏物語絵巻にある着装
についても写真入りで記述があり、なかなか面白い本です。
(以下、批判になります。苦手な方は次の写真あたりまでスクロールしてください)

しかーし、この本、カラーページが一切ありません。
装束の本なので、最初に2、3ページカラーがあるものと期待していたので
この点にはかなりがっかりさせられました。さらに。あとがきに書かれていることが
すべてなら、著書はあえてすべてのページをモノクロにしたとか・・・。ナゼダー。
内容は面白いものの、カラーが無く、モノクロ写真も若干暗めの物が多いため、
せっかくの装束のようすが細かく分らないのがとても残念です。
うーん、やっぱり本は現物を見て買うべきだったかな。


少し前に、こちらも購入。
Book3
2015年、名古屋にある徳川美術館でおこなれた「国宝 源氏物語絵巻」の図録です。
美術館のミュージアムショップからネットで購入しました。
実は同じような図録は持っていました。
Book4
こちらは1975年京都国立博物館で行われた特別展覧会「源氏物語の美術」の目録です。
近所の古本屋で100円で売られていたので、絵巻物作製の参考にと買いました。
結構役にたったのですが、いかんせん本自体が古いので、
思い切って新しい物を手に入れました。
スキャン技術、印刷技術向上で、新しい図録は細かい所まで見られて楽しいです。

もう少しすると、また夜に時間ができそうなので、4巻目の絵巻物を作ろうかと
計画中です。華やかな場面がいいなーと思って図録を見ていましたが、
悲しい感じの物が多い・・・(;д;)
今度は絵ばかりにして、詞書を極力減らしてみようかな。



« 青もみじと元禄 | トップページ | 2016 上賀茂周辺 -春 1- »

コメント

しのぶさん
やっぱりまず写真を期待しますよね(笑)
お値段分期待した所もあったので、肩すかしをくらった気分でした。
細長のところ、こういう文献を読んだことがなかったので、結構大胆な結論に思えました。
文献での根拠や真偽はさておき、あの形状ではなにを着ているのか見分けが付きにくそうだな、と男性陣の心配をしてしまいました。

「平安朝の文学と装束」私も購入しました。
まだ読み終えてはおりませんが。
購入してとりあえず写真は無いかとページめくったら
カラーの装束写真が一切無くて私もガッカリでした。
装束の本で、結構良いお値段で、
しかもわざわざ復元装束を作り人に着せて撮影しているのに
何故カラーじゃないのだぁぁぁと。
細長については思う所がイロイロと…(゚ー゚;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4本目(計画):

« 青もみじと元禄 | トップページ | 2016 上賀茂周辺 -春 1- »